広告配信サービスのマーベリックと業務提携


当社は5月、広告配信システムやサービスを提案するマーベリック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:美留町 督、以下マーベリック)と、ビッグデータ解析とデジタルマーケティング業務において業務提携をいたしました。
 
■提携概要 :「デジタルマーケティング領域におけるサービス及び、営業協力の戦略的業務提携」
・当社が開発したビッグデータ解析ツール「Strategy Finder(ストラテジー・ファインダー)」などを、マーベリックが代理販売。
・当社が導き出した改善施策に最適な広告を、マーベリックの独自のターゲティング広告配信サービス「Sphere(スフィアー)」などを活用して提案。

 マーベリックは、自社開発したDSP(*)「Sphere(スフィアー)」を中心に、最適なWeb広告を運用してターゲット人材の集客に結び付けるサービスを強みとしております。インターネット広告代理店の株式会社オプトや、デジタルマーケティング大手の電通デジタルなどとも取引をしており、企業だけでなく個人消費者への個別広告アプローチのノウハウを多数持っております。今年に入り、マーベリックが「ストラテジー・ファインダー」のテストマーケティングを行ったところ、あるBtoCの既存クライアントが顧客1人を獲得するのにかかったコストが最大で20%以上改善し、今回の提携へのきっかけとなりました。

 当社は、 「ストラテジーファインダー」やマーケットトレンド分析ツール「Reaction Finder(リアクションファインダー)」、他の分析ツールと連動して経営課題を解決する「アクセスファインダー」という、3つのビッグデータ分析ソリューションサービスを展開しております。2016年秋より本格的販売を開始した「ストラテジーファインダー」は、リスティング広告の効果が頭打ちになっていると悩んでいる企業に対してデータの深い考察を行い、検索キーワードには表れない消費者の潜在ニーズをソーシャルメディアから分析する独自のツールで、不動産賃貸大手、大手電力会社やネット広告代理店など、多くの企業に採用されております。

 マーベリックのターゲティング広告運用力と当社の分析・提案力という、両社の強みを活かした今回の提携により、今後2年間で約100社の受注を目指してまいります。