• 複数のキャッチコピーの中で、
    どれが認知向上やブランドイメージ上昇に
    繋がったのか分からない。
  • ビックデータ解析によって、
    沢山の分析はできても
    煩雑化して効果が見えない。
  • 広告効果の実態を把握できず、
    広告予算の配分に
    苦慮している。
  • 顧客インサイト発見のため、
    マーケットリサーチに
    多くの予算を割いている。
  • TVCMやラジオCM、
    どういった言葉やコピーが響いたのか、
    分析の材料が欲しい。

どの情報源から、何が伝わったのか。

その要因を数値化できないことには、マーケティング課題を解決できませんでした。

独自開発の人工知能によって、
お客様が入力した業績変動とシステムが自動収集した情報を付き合わせ、関係性の高いキーワードや情報源を高速に解析。顧客行動に与えた施策の影響度を数値化して評価することが出来るようになります。

これまで1ヶ月〜3ヶ月を要した市場調査も、定常的に毎日更新。改善アクションのスピードアップと機会損失防止によるROI向上に役立ちます。

※日々の業績数値を入力後、最短数分で解析。

想像していなかった業績インパクト要因が発見しやすくなり、イノベーションのヒントやインサイトの発見に役立てることが可能です。

テーマパーク様の事例

課題
並行するイベントや集客プロモーションの中で、入場者数に与える影響が大きい施策を把握したい。
効果
普段はテーマパークでの様々な企画が集客に結びつくとおもっていましたが、実際にはお客様に響いていないのでは?と感覚的に感じることがあり、今回EIセンチメント使って数値化してみると効果の出ていない施策が明確に分かるようになり、非常に驚きました。一方で、都心から遠方のパークということもあり車でのアクセスのしやすさを改善したり、駐車場を拡充させたことが前年比の売上UPに繋がっていたなど、思いもよらない施策のヒント満載でした。

実際の画面イメージ

EIセンチメントのダッシュボード
EIセンチメントのKPIグラフ
EIセンチメントのキーワード出現回数グラフ
EIセンチメントのキーワード影響力グラフ

  • ※ 1年契約となります
  • ※ 利用開始時は直近6ヶ月のKPIデータのアップロードが可能
  • ※ 標準仕様:KPI 1件&キーワード 70フレーズまで
  • ※ KPI追加オプション:月20万円[1件]
  • ※ 分析キーワード追加オプション:月5万円[10件]

クラウド版以外にもカスタマイズ版、設計・レポーティングも含めたプランもございます。ご不明な点はお気軽にご相談ください。

Q1. 口コミ分析、評判解析との違いを教えてください。
世の中にある口コミ情報を集め分析するだけではなく、EIセンチメントでは分析したデータを元に人工知能が機械学習を行い、どういった文脈でそのキーワードが語られ、世の中へどういった印象を与えたのかそのシグナルを見つけ出して実際の業績数値への影響を数値化することができる、より実践的な分析ツールとなっています。また、一般的な口コミ分析のキーワードはおよそ3件から多くても5件ほどです。それに比べセンチメントは標準70件から最大200件という大量なキーワードで分析可能です。
Q2. 精度が高い分析が可能というのは本当なのでしょうか?
弊社のEIセンチメントは研究開発段階から継続して自主調査を実施しています。2015年には実証実験で複数のナショナルブランドから分析結果への評価をいただきました。今後も継続した自主調査でよりよいサービスを提供を目指します。
Q3. 分析したデータの活用方法などサポートメニューもあるのでしょうか。
ご安心ください。分析ツールをうまくご利用いただけるよう、コンサルティングメニューもご用意しております。また定期的に勉強会を開催しておりますので、あわせてぜひご活用ください。